FairWind-Weblog

趣味のギターに加え、美味しいお酒やドライブなど、普段のなにげない日常生活を自然体で綴ったブログです。

電源回り刷新計画 / 電源タップ編(2)

意外に簡単

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

初めて電源タップを自分で作ってみましたが、オヤイデ の自作キットを購入したこともあり、意外に簡単に作ることができました。

製作時間は約30分。

オヤイデ のこの自作キットなら、ハンダ付けが不要ですので、慣れれば15分もあれば作れるのではないでしょうか?

私は検電用にテスターを持っていないため、今後、自作する機会が増えるなら買っておいた方がいいかな?と思うほど。

DIYでこういうものを作るのって意外に楽しいですね。

老後の趣味に、これから少しづつ電気関係も勉強してみようかなと思います。

さて、オヤイデ の壁コンセント R0は無メッキですが、今後、FURUTECHの無メッキの壁コンセントとも比較してみたいですね。

できれば、どちらか最適な電源タップを現在制作中の自宅システムに組み込めたらいいなぁ。

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

ちなみに、唯一迷ったのは、緑・白・黒の内部配線材をどこに付ければ良いか?ということ。

緑はアースに、白はNに、黒はLに繋ぐとさえ覚えていれば、あとは簡単に作れます。

また、伝導率が下がるため、アースにもニチフなどの圧着端子は使いませんでした。

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

私の場合、自作キットと別に購入した電磁波吸収シートMWA-010を電源ボックスの底面に二列に並べて貼ってみました。

貼る前と貼った後で、ノイズの違いを比較してみればよかったなぁ。

電源回り刷新計画 / 電源タップ編(1)

自作の電源タップに挑チャレンジ

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

私の場合、楽器用の電源タップが必要ですので、本来は全てのパーツが無メッキの電源タップを製作をしたいのですが、自作経験がないことから自信がなく・・・。

そこで、オヤイデ 電気がオンラインショップで販売している自作用電源ボックス MT-US2のセットにある壁コンセントが無メッキのパターンを利用することにしました。

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

オヤイデ 電気 / 自作用電源ボックス MT-US2 セット

購入したのは以下のパーツセットです。

  • 電源ボックス ・・・オヤイデ MT-US2
  • 壁コンセント ・・・ オヤイデ R0(無メッキ)
  • インレット ・・・ オヤイデ Power Inlet PP
  • 内部配線材 ・・・ オヤイデ 102SSC 3.5sq

ちなみに、内部配線材のオヤイデ 102SSC 3.5sqは、オヤイデ NEO BLACK MAMBA V2で使われているものと同等品ですので、かなり良い線材です。

オヤイデ 電気 / MWA-010 お試しパック

オヤイデ 電気 / MWA-010 お試しパック

また、セット販売にはありませんでしたが、別途、電磁波吸収シートMWA-010を購入しました。

接点部分で生ずるノイズ成分を劇的に吸収・消滅させてくれるそうです。

しかし、正規品はあまりに高すぎるので、まずはお試しパック(2枚セット)税込み330円×2セットでチャレンジしてみることに。。。

早速、初めての電源タップ製作に挑戦してみました。

続く。。。

shop.oyaide.com

www.oyaide.com

電源回り刷新計画 / 電源ケーブル編(2)

自作の電源ケーブルにチャレンジ 

BELDEN 19364 / FURUTECH FI-11M(Cu)・FI-11(Cu)

BELDEN 19364 / FURUTECH FI-11M(Cu)・FI-11(Cu)

しばらく電源ケーブルに全く興味がなかったため全く知らなかったのですが、BELDEN 19364は数年前にPSE認証の制度が始まってから、ケーブルが新しくなったみたいですね。

オーディオマニアの方には当たり前のことなんだと思いますが、私が持っているMARINCOと組み合わせた古いBELDEN 19364とはケーブルの刻印などが異なっているようです。

という訳で、どうせなら以前から欲しかったFURUTECH と新しいBELDEN 19364を組み合わせた電源ケーブルを自作することに。

早速、必要な材料を仕入れてきました。

購入したのは以下のパーツです。

  • BELDEN 19364
  • FURUTECH FI-11M(Cu)
  • FURUTECH FI-11(Cu)

FURUTECHのプラグはあえて無メッキを選択しています。

楽器類には金メッキやプラチナメッキよりも、楽器本来の音を再現してくれる無メッキの方がマッチすると言われていますので・・・。

さあ、頑張って年内には作り上げてしまおう!

電源回り刷新計画 / 電源ケーブル編(1)

王道の組み合わせ

電源ケーブル / MARINCO 5266BL・320IEC15 + BELDEN 19364

電源ケーブル / MARINCO 5266BL・320IEC15 + BELDEN 19364

こちらは、MARINCO 5266BL・320IEC15と、BELDEN 19364で作った電源ケーブルです。

長さは1.25m。

数年前、Fractal Audio Systems Axe-Fx IIを使用していた時に作った電源ケーブルですが、その後しばらく押入れで眠っていました。

実は同じ物を二本持っており、一本は自宅の壁コンセントからSinano GPC-1500Aに繋ぐために使用しています。

今回は、Sinano GPC-1500Aから現在構築中の自宅システムやシンプルボードに繋ぐ電源ケーブルに使ってみたいと思っています。

今回、システムを一新することで、ようやくこの電源ケーブルの本領を発揮できる場面が出きました。

電源回り刷新計画 / パワーサプライ編(1)

全ての基本は電源回り

Sinano GPC-1500A

Sinano GPC-1500A

自宅でリアルなアンプを使うことをやめ、これからはデジタル機材でギターを楽しむスタイルに変更したことから、この度、思い切って電源周りを見直すことにしました。

いくら良い機材や良いセッテイングをしても、電源回りが悪いと、ノイズがでて音質に限界がありますからね。

ということで、まずはシンプルボードのパワーサプライ(DC電源)をStrymonにするところからスタート。

今後は、FM3で構築する自宅システムのボード用AC電源(電源タップ)にも拘っていきたいところですが、なかなか思うような機能・大きさの製品がなく・・・困っています。

一方、自宅の電源は、現在、Sinano GPC-1500Aを使用していますが、自宅用にしてはサイズが大きく重いため、もっと小さくて軽い製品に変えられればいいなぁと思っています。

しかし、こちらはスタジオレベルの製品であり、これに代わる代替品がないというのが目下の悩み。

こちらは小さくて良いものがないかを気長に探していくしかないですね。

ということで、本日は、まずエフェクターボードのパワーサプライをStrymonにしたお話から。

本当は、Strymon Zumaが日本で発売されれば、何の悩みもなかった訳ですが、PSE法の関係から今後も日本での発売はないことが正式に判明したため、割り切ってStrymon Zuma R300を購入することにしました。

しかし、Zuma R300の課題は、容量が若干足りないことと、エフェクターボードに載せると文字が逆さまになってしまうことです。

ノイズ対策やケーブルの取り回しの問題から、パワーサプライはエフェクターボードの左上端に置きたいですが、そうするとどうしてもZuma R300の文字が逆さまになってしまうのです。

安藤正容さんのボード

安藤正容さんのボード

事実、T-SQUAREの安藤正容さんのボードもZuma R300の文字が逆さまになったままセッティングされていました。

文字が逆さまの状態でも気にならないという方もおられるかと思いますが、私はどうも気持ち悪く。。。

そこで、頑張って解決策を検討することに。。。

そして、その方法を見つけました。

成せばなるものです。

おそらく、世界で初めて?日本で初めて?何ではないかな?と思っています。

Strymon Zuma R300 Mod

Strymon Zuma R300 Mod

それがこちらの画像です。

Strymonのパワーサプライはノイズが少ないことで折り紙付きですから、文字の向きが正しく見える形でセッティングされれば満足度がさらに高まります。

そして、これが実現したことで、Zuma R300とOjai R30とを組み合わせて、容量不足を解決する一体型のパワーサプライも実現しました。

実は、Zuma R300に電源を供給する電源ケーブルにはACアダプターはありませんが、Ojai R30にはACアダプターが必要なんです。

これが邪魔なんですよね。

しかし、Zuma R300から分配してOjai R30につなぐことで、Ojai R30のACアダプターが不要になるのです。

これで、ACアダプターを使わずに一本の電源ケーブルで、二個のパワーサプライに電源供給が可能になり、エフェクターボードの取り回しやセッティングが極めてシンプルになります。

三田製麺所

お初

三田製麺所

三田製麺

休日に夫婦でドライブついでに三田製麺国分寺並木店に行ってきました。

三田製麺所に伺うのは今回が初めてなのですが、三ツ矢堂製麺と名前や雰囲気が似ていることから、これまでも混同して同じお店だと勘違いしていました。

しかも、今回伺って初めて分かったのが、三田製麺所はつけ麺専門店だということ。

三田製麺所 / 特濃 煮干しつけ麺

三田製麺所 / 特濃 煮干しつけ麺

悲しいかな、またしても「期間限定」という名前に負けてしまい、一つは「特濃 煮干しつけ麺」を注文。

並から大まで同一料金というところも良いですね。

私たち夫婦は金額負けしてしまいますが分相応に並を注文。

もう一つは、カロリーを気にして「油そば」を注文。

意外に知られていませんが、ラーメンよりも油そばの方が遥かにカロリーが低いんですよね。

三田製麺所 / 特濃 煮干しつけ麺

三田製麺所 / 特濃 煮干しつけ麺

三田製麺所 / 油そば

三田製麺所 / 油そば

待つこと数分。。。

「特濃 煮干しつけ麺」と「油そば」がテーブルに運ばれてきました。

 この日は二人ともお腹が減っていたこともあり、ほぼ無言でラーメンを頬張りあっという間に完食。

「特濃 煮干しつけ麺」は、煮干しの味はするものの、特濃の方が勝っている感じ。

一方、「油そば」の方は意外にもあっさりしており、揚げニンニクが名脇役で味を整えており、美味しくいただくことができました。

また、この日は休日の14時過ぎに訪ずれたのですが、まだ沢山のお客さんがおられ、少しづつ経済が戻ってきているのだなぁと実感した日でもありました。

【今週の家飲み】山の壽酒造 ヤマノコトブキフリークス2

久しぶりの日本酒

山の壽酒造 ヤマノコトブキフリークス2

山の壽酒造 ヤマノコトブキフリークス2

ここのところ、焼酎ばかりでしたので、久しくアップしていませんでしたが、先日数ヶ月ぶりに日本酒を購入しました。

食事に合う日本酒で、飲み飽きない感じです。

ほのかにフルーティさがあり、まるで白ワインのよう。

しかし、この日本酒は食事をしながら一緒に飲まないと、単品では香りやパンチにかけますので、留意が必要です。

山の壽酒造 ヤマノコトブキフリークス2

山の壽酒造 ヤマノコトブキフリークス2

個人的には、こういう日本酒がいつも冷蔵庫にあるといいなぁと思います。

お値段もお手頃ですので、お薦めです。

実は、これとは別にピンクラベルで大吟醸のヤマノコトブキフリークス1もあるようです。

こちらも、折を見て試してみたいと思います。

http://yamanokotobuki.com