FairWind-Weblog

趣味のギターに加え、美味しいお酒やドライブなど、普段のなにげない日常生活を自然体で綴ったブログです。

リッツ・カールトン東京(2)

1日目

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(53階)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(53階)

地下駐車場からエレベーターに乗り まずはフロント・ロビーのある45階へ。

私たちは、クラブレベルの宿泊者プランで予約をしていましたので、ロビー入口で名前を告げると、すぐに別の専用エレベーターでクラブラウンジのある53階へ案内されました。

クラブラウンジで真っ先に目についたのが、東京都内の素晴らしい眺め。

青山墓地の先に遠目に見える少し高い建物は渋谷のビル群ですね。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(53階)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(53階)

ウエルカムドリンクはオレンジの香りがするお茶でしたが、しばしそのお茶を飲みながらこの景色に見入っていました。

その後、すぐにコンシェルジュの方が来られ、クラブランウジのテーブル席でチェックイン。

クラブラウンジの利用は、通常午前7時~午後10時まで可能だそうですが、残念ながら、今回は緊急事態宣言下でしたので、午後8時以降にある5回目のフードプレゼンテーションはありませんでした。

そのため、私たちは以下の4回のフードプレゼンテーションを受けることに。。。

もちろんこれらは全て無料です。

  1. ハーブ&アフタヌーンティー 午後2時30分~午後4時30分
  2. ディナー前のオードブル 午後5時30分~午後7時30分(土・祝前日 午後5時~)
  3. 朝食 午前7時~午前10時30分
  4. 軽食 午前11時30分~午後1時30分

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ハーブ&アフタヌーンティー)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ハーブ&アフタヌーンティー

早速、そのままハーブ&アフタヌーンティーをいただきました。

飲み物は、テーブルにあるQRコードから好きなものをオーダーできます。

メニューには、ソフトドリンク、日本酒、ビール、スパークリングワイン、ワイン等、目移りする程さまざまな飲み物がラインナップされていました。

私はまず獺祭 純米大吟醸 スパークリング 45をチョイス。

久しぶりの日本酒だったせいか、美味しくて、一気にクイクイいっちゃいました。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ハーブ&アフタヌーンティー)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ハーブ&アフタヌーンティー

そうこうしているうちに、アフタヌーンティーの軽食とスイーツが運ばれてきました。

軽食という割には、圧巻の物凄いすごい量。

その後、私は アンリ ブルゴーニュシャルドネ 2015というフランス産の白ワインと、ベリンジャー・トンネル・オブ・エルムズ・シャルドネというカリフォルニア産の白ワインを注文し、これらの料理をいただきました。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

一時間ほど経った頃でしょうか、程よくお腹もたまり、お酒にも酔ってきましたので、この日宿泊する52階のお部屋に向かうことに。

お部屋に入ると、まず目の前に飛び込んできたのがネスプレッソのコーヒーメーカー。

6杯ほど自由にいただけるようでしたが、結局、宿泊中には一杯もいただくことはありませんでした。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

私たちが宿泊したのは、クラブ デラックス ルームの2ダブル(ダブルベッドが2台)というお部屋。

奥に進むと、文字通りダブルベッドが2台置いてありました。

お部屋の広さは、我が家のリビングの2倍以上。

こうも広いと、貧乏性のせいか、妙に落ち着かないものです。

もちろん、写真でもおわかりのようにカーペットもふかふか。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

ふと窓から外を覗くと、遠くに東京スカイツリーが見えました。

これまた最高の眺めです。

しかも、窓のカーテンはベッドとベッドの間にあるナイトテーブルのスイッチで自動開閉できるという優れもの。

この辺りも、流石は5つ星ホテルという感じでした。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

実は何気に感動したのが、こちらの備つけスリッパ。

よくある安物のペラペラのスリッパではありません。

かといって、多少の作りの良さという程度のものではありません。

最高にふかふかのスリッパでした。

たったこれだけのことなんですが、室内の快適さが何倍も高まった感じがします。

おもてなしの心が現れていますね。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

なんと、洗面台も2台ありました。

うーん、二つ必要か?とも思いましたが、これも売りなんでしょう。

ただ、温水と冷水を別々の取手で調整して混ぜ合わせるため、この辺りはTOTOLIXILのような日本製の方が利便性は高いと思います。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

箱から開封した写真を撮り忘れましたが、コームにも感動しました。

ビジネスホテルにあるような白い折りたたみ式の白いプラスチック製のものではなく高級感のあるコーム。

流石に、これほどしっかりしたコームはこれまで見たことがありません。

流石の一言。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

もちろん、トイレとお風呂は別々です。

浴槽のそばにバスローブがかけてあるあたりに、センスの良さが伺えますね。

外資本のホテルだけって、お風呂や洗面台の蛇口もそれっぽい感じで高級感があります。

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

リッツ・カールトン東京 クラブ デラックス ルーム(2ダブル)

お風呂の他にシャワールームもありました。

これは何気に便利ですよね。

まさに至れり尽くせり。

その後、二人とも軽く仮眠。

18時半頃でしょうか、ディナー前のオードブルをいただきに再び53階のクラブラウンジに向かいました。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

夜になると、クラブラウンジの受付も更に豪華に見えます。

暖色のライトや和洋折衷のデザインがとても素敵ですね。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

クラブラウンジの入口は、すでに夜景が綺麗に見えていました。

夫婦二人で、こんな高層階で夜景を見ながら食事をするなんて何年ぶりでしょう。

妻が喜んでいる姿を見れただけで、良かったなぁと感じました。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

席につくと、更に素晴らしい夜景が目の前に広がっていました。

残念ながら、少しクラブラウンジの室内が窓ガラスに映り込んでいますが、夜景の雰囲気は伝わるのではないでしょうか?

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

私は、まず小江戸ビールからいただきました。

川越の地ビールで、爽やかで飲みやすいお味。

しばし夜景を見ながら黄昏ていると、すぐにお料理が運ばれてきました。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

これまたディナー前のオードブルという割には、結構な量です。

写真は撮り忘れましたが、この後は、純米大吟醸 ひのきざかという日本酒をいただきました。

こちらはワイングラスに注がれて運ばれてきましたので、見た目は、日本酒というより白ワイン。

お料理にもよく合いました。

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ(ディナー前のオードブル)

そうこうしているうちに、チーズやデザートも運ばれてきましたので、私はお口直しにグーウェ・アンリ・ブリュットというフランスのスパークリングワインを追加でいただきました。

その後、結構ほろ酔い気分になりましたので、クラブラウンジを出てることに・・・。

せっかくの機会ですので、その後、夫婦で東京ミッドタウンを回り、少し夜食の買い物をして部屋に戻りました。

1日目はこんな感じであっという間に過ぎてしまいました。

リッツ・カールトン東京 ルーム内オーナーバー

リッツ・カールトン東京 ルーム内オーナーバー

雑談ですが、お部屋でビールでも飲もうかな?と思い冷蔵庫を見たところ、流石はリッツ・カールトン

アサヒスーパードライが1,500円、伊右衛門が980円、コーラや水が900円でした。

残念ながら、庶民感覚の私では飲めませんでした・・・。

リッツ・カールトン東京(1)

感謝の意

リッツ・カールトン東京

リッツ・カールトン東京

先月2月中旬に、26回目の結婚記念日を迎えました。

なんと、今年は27年目に突入です。

定年まではまだ数年が残っていますが、この度の人事異動で4月から仕事も第一線を離れることが決まりましたので、これまで支えてくれた妻への感謝の意を込めて、2月の週末にリッツ・カールトン東京のクラブレベルの宿泊者プランで都心の一泊を楽しんできました。

もちろん、5つ星ホテルの宿泊なんて、二人ともこれまでに一度も経験がありません。

結婚してから20数年は、平日も休日もほとんど家にいることがないほど働き続け、夫婦らしい会話も、旅行などの娯楽もしたことがありませんでした。

早朝暗いうちに自宅を出て、深夜?明け方?になって家に戻る毎日。

夫婦の会話といえば、終電が終わり毎日のように深夜車で都心に迎えにきてもらい、暗い街並みや街路樹の夜桜を見ながら一言二言かわす取り留めもない話くらい。

娯楽といえば、土日の早朝に会社まで送ってもらう道中で、一緒にモーニングを食べるくらいでした。

また、若い頃は営業をしており給料の大半を自腹で経費に使っていましたので、金銭的にもかなり負担をかけました。

そんな中、妻は大きな病気を患い、手術、入院、後遺症に悩む日々。

しかし、ここ数年でようやく二人の時間や金銭的余裕が持てるようになり、現在はあの頃に苦労をかけた分、少しでも楽をさせてあげたいなぁと思っています。

今回の宿泊くらいでは、とても感謝の気持ちは表しきれませんが、今回はひとつの区切りとして豪華宿泊を企画したものです。

リッツ・カールトン東京

リッツ・カールトン東京

ちなみに、リッツ・カールトン東京のクラブレベル宿泊者の限定サービスには以下のようなものがあります。

  • クラブラウンジのご利用(7:00~22:00、今回は緊急事態宣言の影響もあり20:00)
  • 専任のクラブコンシェルジュ
  • パーソナルチェックイン、チェックアウト(クラブラウンジのチェックイン、チェックアウト)
  • ザ・リッツ・カールトン東京クラブレベルオリジナルシーズナルウェルカムドリンク
  • クラブラウンジ内で1日5回の軽食とドリンク(今回は緊急事態宣言の影響もあり4回)
  • ザ・リッツ・カールトン東京のソムリエが厳選したワインやシャンパーニュ
  • クラブラウンジ内でのインターネット利用無料
  • 客室でのインターネット利用無料
  • 客室から東京23区内03エリアへの通話無料
  • ネスプレッソのコーヒーメーカー利用無料
  • フィットネスセンター、プールの利用無料
  • お荷物の開梱、梱包のお手伝い
  • 靴磨き無料サービス
  • プレス無料サービス(1滞在につき5着まで)
  • デパーチャーギフト

あまりに凄すぎて、とても全ては利用しきれません・・・。

しかし、滅多に体験できるものではありませんので、この特別な一泊二日の記録を本日から数回に渡り書き留めておきたいと思います。

配偶者の方や両親へのプレゼント、記念日やお祝い等の利用に参考なればと思います。

それでは、今回の特別なステイの始まりです。

まずは、地下駐車場に到着したところから、私たち夫婦のこの体験は始まりました。

続く。

www.ritzcarlton.com

【気になる!】Neural DSP Quad Cortex

話題のゲームチェンジャー

Neural DSP Quad Cortex

Neural DSP Quad Cortex

昨年のNamm Show 2020で発表され、その後話題となり、発売が待たれていたNeural DSP Quad Cortexですが、この春、ようやく日本でも発売されることになったようです。

日本での販売代理店はキョーリツさんですが、コロナによる開発・生産の遅れから昨年12月に2020年中の販売開始ができず2021年1月〜2月頃に販売が延期される見込みとのリリースがありました。


ついに上陸!最新最強のギタープロセッサーNeural DSP『Quad Cortex』をタメシビキ!注目のキャプチャー機能をKemperとガチンコ比較対決!業界激震の結果を確認せよ!

しかし、その後も発売は遅れていたのですが、ようやく3月〜4月の発売目処が立った模様。

Quad Cortexは、本体の中にWi-Fi機能が装備されているため、これまで面倒だったUSBケーブルの接続を行う必要がなくなり、ファームウェアの更新やプリセットのシェア、プリセットの保存などが無線で出来るようなりました。

これは、音楽機材にとってはすごい進化ですね。

また、タッチディスプレイの採用や、フットスイッチがつまみになっているところも斬新です。

これは、筐体の見た目のシンプさに現れていますね。


THE GAME CHANGER FOR GUITAR AMPS? // Neural DSP Quad Cortex (vs kemper)

更に、AIを搭載し、アンプやキャビネットの特性を学習するというのも今時です。

50以上のアンプモデルや70以上のエフェクト、1,000を超えるIR等、Fractal Audio Systems Axe FxⅢ、FM3、Line6 Helix、HX Stomp、Kemper Profiling Amplifier、Kemper Profiler Stageと肩を並べる基本性能を有しているのもGood。 

これらが実現できるのも、贅沢にも2GHzのクアッドコアSHARCというモンスター級の DSPを搭載しているからなのでしょう。

 


First Look at the Neural DSP Quad Cortex Digital Effects and Amp Modeler and Capture Floorboard

発売が楽しみですね。

今後発売される機材に大きく影響を与えるものになりそうな予感がします。

kyoritsu-group.com

kyoritsu-group.com

SONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-G64Tの交換完了

意外に早く交換完了

SONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-G64T

SONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-G64T

先日、交換のためにSONYに送付したSDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-G64Tの代替品として、新しい対処品が自宅に送付されてきました。

不良品を返送してからはあっという間でした。

SONYさんの対応は早いですね。

私はSF-G64Tを写真用、もう一つ持っているSF-G128Tを動画用に分けて使う予定です。

そろそろ春の景色が綺麗になる季節ですが、この時までに不良品の交換が間に合ってよかったです。

本当は、スロットの数に合わせてSF-G64TとSF-G128Tがもうワンセットづつ欲しいところ。

現在は出費の予定も多く、金銭的な余裕がないため難しいのですが、夏までには準備したいと思っています。

My SONY ID キャンペーン

My SONY ID キャンペーン

実は、そんなこんなで藁にもすがる思いから、10万円分のソニーポイントが当たるMy SONY ID キャンペーンに応募しました。

昨日が応募締切でしたので、ギリギリセーフという感じ。

当たるといいなぁ〜。

もし、当たったらSDカードとレンズを買うんだけどなぁ〜。

SONYさん、宜しくお願いします!

そば処 花がき

大満足のお蕎麦屋さん

そば処 花がき

そば処 花がき

羽村市郷土博物館に行った帰り、遅めのお昼ご飯に寄ったお蕎麦家さんです。

帰り道に食べ物屋さんが全くなく、一番最初に見つけたお店でした。

少しお昼時は過ぎていたにも関わらず、満席でお店の外には列が出来ていました。

コロナ禍でも繁盛するお店は繁盛するんですね。

私は天付きそば、妻はイカ天そばを注文し、待つこと10分。

そば処 花がき / 天付きそば

そば処 花がき / 天付きそば

運ばれてきた量を見て唖然・・・。

お蕎麦は普通の二枚分、天ぷらも普通の二倍以上。

妻が注文したイカ天そばに至っては、大振りのイカ天が5枚、その他、南瓜や人参、ナス、獅子唐などが盛り沢山。

もちろん二人とも食べきれず、お持ち帰りさせていただきました。

会計の際に辺りを見渡すと、ほとんどの方が天ぷらをお持ち帰りされるほど。

このように書くと、何気に天ぷらやお蕎麦の量ばかりが目立った感じを受けられるかもしれませんが、実はお蕎麦も店内で手打ちの本格派。

何気にお蕎麦のつゆが少し甘めで美味しかったのも見落とせません。

とても満足度の高いお蕎麦家さんでした。

tabelog.com

羽村市郷土博物館

江戸の水不足を解消

羽村市郷土博物館

羽村市郷土博物館

コロナ禍ですから人混みや公共交通機関の利用は避けて、ドライブがてら羽村市郷土博物館に行ってきました。

最近は歳をとったせいか、都心に行く機会はめっきり減り、地方や郊外のその土地の文化に触れることが楽しくなっています。

自然を見ると気持ちが豊かになりますね。

羽村市郷土博物館

羽村市郷土博物館

さて、何気なく選んだドライブ先の羽村市郷土博物館だったのですが、その展示内容を見てびっくり。

この地は古くは縄文時代から栄えていたようで、土器や遺跡も発掘されている様子。

羽村市郷土博物館

羽村市郷土博物館

また、江戸時代には、江戸の人口増加に伴う水不足解消のため、庄右衛門と清右衛門という兄弟が四谷まで水を引く計画を立て、幕府が6,000両の資金を与えてこの工事を行わせたとのこと。

工事途中で資金が底をついたそうですが、二人は自分たちの家を売って工事の費用に充てたそうで、これが現在の玉川上水の原型になったようです。

水を引く工夫もさることながら、私財を投げ打ってまで社会のために尽くすという日本人の精神、そして二人の兄弟の偉業に感服です。

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館と同じ敷地内に、移築された旧下田家住宅がありましたので、こちらも見学させていただきました。

昔の農家のお宅がそのまま保存してあり、土間には竈門、土間のすぐそばに彩里、そして座って洗う流し等、農家ならではの工夫が満載。

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

日本建築の素晴らしさを改めて感じることができました。

見学に来られている方々も、私たちのような中年夫婦、小さいお子さん連れのご家族、成人したお子さんと一緒のご家族など様々。

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

中にはご高齢の方が、自転車ツーリングの最中にお一人で立ち寄られている方もおられました。

皆さん、懐かしさを感じるのでしょうか、見学の滞在時間も比較的長めのようにも感じました。

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館 / 旧下田家住宅

羽村市郷土博物館と下田家住宅の間には、中里介山大菩薩峠記念館の正門として鎮座していた赤門も移築されていました。

場所が少し分かりにくく、ひっそりとした郷土博物館ですが、東京の歴史を学上でも是非とも訪れていただきたい場所の一つです。

www.city.hamura.tokyo.jp

SONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-Gシリーズの不具合

困ったぁ〜

SONY 製品に関する重要なお知らせ

SONY 製品に関する重要なお知らせ

SONY α7sⅢを使い始めようと、同封物一式を眺めていると、「SONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGH SF-Gシリーズをご愛用のお客さまへ無償交換のお知らせとお詫び」というチラシを発見。

何か嫌〜な予感がするので、先日購入したSONY SDXC UHS-Ⅱ TOUGHシリーズのうち、まずはお高いSF-G128Tの方を確認してみました。

すると、こちらは何ら問題なく交換対象外で一安心。

次にもうひとつのSF-G64Tを確認するとに。

すると、こちらはドンピシャの不良品。

残念ながら、交換対象の商品でした。

そこで、早速、SONYのHPで無償交換の方法を確認してみると、通常の電話案内は平日9時〜18時、土日祝日は9時から17時迄と書かれています。

働いている人には厳しい時間設定ですね。

しか〜し、Webサイトをよ〜く見てみると、24時間受付のチャットボットがあるではないですか!

流石は、SONY

早速こちらに問い合わせてみると、あっという間に交換受付が完了。

あとは、交換キットの到着を待って返送するのみ。

電話が繋がらない、長い電話待ちなどをせずにすみましたので、とっても楽でした。

不良品の交換は面倒ですが、初めてチャットボットを使ってみてこんな便利なものだとは思わず、何か得した気分。

ん??何か煙に巻かれたような・・・。

www.sony.jp