FairWind-Weblog

趣味のギターに加え、美味しいお酒やドライブなど、普段のなにげない日常生活を自然体で綴ったブログです。

木越ギター購入計画(14)

着々と

木越ギター / ボディ材とトップ材の圧着完了

木越ギター / ボディ材とトップ材の圧着完了

またまた、木越ギターさんが製作途上のギター画像を送付してくださいました。

トップ材とバック材の圧着が完了したとのこと。

これから、ネックポケットの加工に入るそうです。

木越ギター / ハカランダネックの切り出し

木越ギター / ハカランダネックの切り出し

一方で、ハカランダネックの切り出しも終わったそう。

後は、ネック材の狂い出しを行うため、しばらくは寝かせておくのだそうです。

木越ギター / ハカランダネックの切り出し

木越ギター / ハカランダネックの切り出し

こちらは、ホンジュラスマホガニーネックの切り出しが終わった画像です。
段々と形になってきました。

早くネックが組み込まれた姿を早く見てみたいものです。

こちらも、いよいよ現実味が増してきましたね。

年末が楽しみです。

そば福

隠れた人気店

そば福

そば福

日曜日に、ドライブがてら埼玉県秩父市にあるそば福さんに行ってきました。

我が家からはかなり遠いので、9時前に自宅を出て高速を乗り継いで約二時間半。

新規感染者数も大幅に減ってきたせいか、どこに行っても郊外は大渋滞でした。

到着したのは、開店15分前の11時15分。

しかし、すでに5組15名程のお客さんが並ばれていました。

そば福

そば福

開店前は、まずお店に入って番号札をもらいます。

開店後、その番号が呼ばれたら入店できる形式のようです。

私たちの後も、次から次へとひっきりなしにお客さんが来られ、5分後には駐車場に入れない車でごった返していました。

皆さん、東京、埼玉、千葉などあちこちから来られているようです。

なんと、バイクツーリングで来られている方々も・・・。

こんな人気店だったなんて、おみそれいたしました。

猪狩山・御嶽山登山口 看板

猪狩山・御嶽山登山口 看板

私たちの順番まで時間がありましたので、周辺を少し散策することに。。。

ちょっと歩くと猪狩山・御嶽山登山口の看板を発見しました。

秋口までは、こちらから御嶽山に登られる方もおられるかもしれませんね。

猪狩神社

猪狩神社

そば福さんからさらに先の登ると猪狩神社もある様子。

しかし、いつ番号が呼ばれるかが分からないので、今回は伺うのは諦めました。

そば福

そば福

お店には、一回に4席までしか入れませんので、私たちが呼ばれたのは二回転目の12時10分過ぎ。

席に着くと、メニューが置いてありました。

色々と記載はあるものの、どのお客さんもくるみ天ざるを注文されています。

そこで、私たちも倣って同じくるみ天ざるを注文しました。

くるみ天ざる / そば福

くるみ天ざる / そば福

お蕎麦も手打ちで大変美味しかったのですが、意外にも天ぷらが絶妙。

その中でも、かき揚げは、エビや小柱がふんだんに入った私好みのお味。

最後はくるみのつけ汁に、蕎麦湯を入れて飲むと、これがまた美味。

大将も店員さんも大変感じの良い方々で、気持ち良くお蕎麦をいただくことができました。

また、伺いたいと思います。

s.tabelog.com

James Tyler USA 10th計画(1)

引退ギリギリで納品

James Tyler HP

James Tyler HP

先日、いつもお願いしている楽器店からご連絡をいただきました。

2019年2月にオーダーしていたJames Tyler USAが、10月中に入荷するとのこと。

なんと、納期は2年8ヶ月以上。

もはやJimが引退を表明している2021年12月迄に、納品は間に合わないだろうと諦めていましたので、とても嬉しいお知らせでした。

特にトップ材がキルトメイプルやフレイムメイプルのギターが大幅に遅れている模様。

私より以前にオーダされた方でも、まだ未入荷の方も。。。

申し訳ない気持ちで一杯です。

それにしても、James Tyler USAの納期は、本当によくわかりませんね。

Jimが引退してから納品されても、意味がないと思うのですが。。。

ちなみに、私がオーダーした仕様は以下の通り。

James Tyler USAで、オーソドックスに一番欲しかった仕様です。

BASIC MODEL : Studio Elite HD
Body Color : Transparent Blue
Neck & Logo Color : Natural Satin, Transparent Blue Matching Head, White Logo
Body : Quilt Maple Top, Ribbed Alder Back with White Multi Layer
Neck : Quartersawn Maple
Neck SHAPE : THIN 59-Shape
Fingerboard : Slab Lam Maple
Fingerboard Radius : Compound Radius
Nut : 1-5/8 (約41mm)
Frets : 22F, WIDE/TALL
Tuners : Hip Shot Locking
Neck Pickup : JTS5 Stingray 500 / Slant(Black Cover)
Middle Pickup : JTS5 Stingray 500 / Slant(Black Cover)
Bridge Pickup : Angry Retro / Slant(Black)
Pickguard : 4-ply White Pearl
Bridge : G2TS
Hadware Color : Chrome
Control : 5way Lever PU Selector(Black Knob), Master Volume(Crome Knob), Master Tone(Crome Knob), Mid Boost Push SW(White Knob), Mid Boost Control

www.tylerguitars.com

【気になる!】SONY α7Ⅳ

待望の新型

SONY HP

SONY HP

10月21日(木)23時、ついにSONY α7Ⅳが発表されました。

2018年3月にSONY α7Ⅲが発売になってから、3年7ヶ月ぶりのニューモデル。

海外の一部の国では、すでに予約開始。

もちろん、日本でも発売を検討しているそうですが、準備が整い次第アナウンスされることになっているようです。

youtu.be

昨年からカメラの買い替えを控えて、SONY α7Ⅳの発売を待たれていた方も多いのではないでしょうか?

スチール撮影も、動画も高い水準で撮影できるハイブリッドなカメラになっているため、きっとお値段もそれなりに高くなるのではと思われます。

youtu.be

デジタル一眼のフルサイズミラーレスに革命を起こしたSONY α7Ⅲの後継機ですから、注目度も高く、争奪戦になること間違いなしでしょうね。

それにしても、かなりα7SⅢの機能が取り込まれていますね。

youtu.be

個人的には、SONY VLOGCAM ZV-E10を買わずにコンパクトなフルサイズミラーレスを探しているだけに、SONY α7Ⅳを元に作られるであろうα7C2の発売を待ちたいところ。

α7C2は、来年秋以降の発売になるのでは?と想像しています。

それにしても、SONY α7Ⅳは気になりますね。

しばらくは、SONY α7Ⅳの情報収集に努めたいと思います。

www.sony.jp

【購入】Peak Design カフリスト ストラップ / CF-BL-3

ポイントのご利益

Peak Design カフリスト ストラップ / CF-BL-3

Peak Design カフリスト ストラップ / CF-BL-3

気候も良くなり、愛機のSONY α7sⅢを外に持ち出す機会も増えてきました。

現在は、Peak Design スライド / SL-BK3というストラップをつけて首からぶら下げていますが、より気軽かつ安全にカメラが持ち運べるよう、リスト・ストラップも欲しいなぁと以前から思っていました。

そんな中、スマホのアプリを整理していたら、偶然、ヨドバシカメラのポイントが残っていることを発見。

ラッキーなことに、ポイント残は4,157ポイント。

以前から欲しかったPeak Designのカフリスト ストラップ / CF-BL-3は、税込み4,310円。

これは買うしかないでしょう。

ということでポイント残額を全て投入し、実質153円で購入。

しかも、自宅に無料で配送。

ポイントとはありがたいものです。

これで、秋の行楽をまた楽しめそうです。

新しいMacBookが来たら、SONY α7sⅢで撮った画像や動画も公開できたら良いなぁと思っています。

木越ギター購入計画(13)

段々と

木越ギター / ボディ材とトップ材の圧着

木越ギター / ボディ材とトップ材の圧着

またまた、木越ギターさんからギターの製作状況がわかる画像を送っていただきました。

いつも本当に丁寧に対応していただき、ありがとうございます。

今回は、ボディのバック材とトップ材を圧着している画像。

段々と形になってきましたので、現実味が出てきましたね。

早くボディが整形したところを見てみたいものです。

おそらく、11月中旬頃かなぁ〜。

今から楽しみです。

【予約完了】New MacBook Pro 16インチ

期待以上

New MacBook Pro / Apple HP

New MacBook Pro / Apple HP

大幅なスペック向上が噂されていたMacBook Proが、ついに日本時間10月19日(火)の午前2時に発表されました。

現在、私が所有しているのは8年前の2013年製のMacBook Pro 15インチ。

タッチバーが搭載される以前のモデルです。

現在所有のMacBook Pro(2013年製)

現在所有のMacBook Pro(2013年製)

その当時としては、かなりハイスペックな仕様を購入したつもりでしたが、今となっては標準的な仕様。

しかし、これから動画編集やDTMを楽しむのには、そろそろ買替時期だと思い、1年前からずっと新しいMacBook Proの登場を待っていました。

長かったぁ〜。

PCは、そうそう買い換えるものではないので、ある程度のスペックのもを購入しておきたいものですね。

そこで、今回私が予約したMacBook Pro 16インチは、以下のような仕様となりました。

MacBook Pro 16インチ(M1 Max)

MacBook Pro 16インチ(M1 Max)
  • 10コアCPU、32コアGPU、16コアNeural Engine搭載
  • Apple M1 Max
  • 64GBユニファイドメモリ
  • 4TB SSDストレージ
  • 16インチLiquid Retina XDRディスプレイ
  • Thunderbolt 4ポート × 3、HDMIポート、SDXCカードスロット、MagSafe 3ポート
  • 140W USB-C電源アダプタ
  • Touch ID搭載バックライトMagic Keyboard - 日本語
  • Final Cut Pro
  • Logic Pro

今回のモデルチェンジでは、M1 ProとM1 Maxという2種類の最強CPUが登場。

私の場合、自宅で別途モニターを使わないこと、そして持ち運びは行わない(自宅以外で使用しない)ことから、14インチは選択肢になく、16インチ一択となりました。

ちなみに、同じ仕様で14インチと比較すると、22,000円の差。

この価格差でディスプレイが大きくなるなら、やはり個人的には16インチの方がお得感があります。

もはやPCは、現状、Apple一強という感じになってきましたね。

今回も長年使うことを想定して、メモリを最大の64GBに、ハードディスクは4TBにカスタマイズしたのが拘り。

ハードディスクは2TBと4TBとで迷いましたが、CPU性能が2倍〜3倍に向上しているため、おそらくストレージも現状の2倍〜3倍はないとすぐに足りなくなるだろう・・・と思い切って4TBを選択。

おそらく、8年後くらいにはこれくらいの仕様が標準になっているはず?

さらに、Final Cut ProとLogic Proも購入しましたので、予定よりもかなりお高くなりました。

私の場合、2〜3年単位ではPCを買い替えないので、致し方ないですかね。

これで、Macbook Proを購入するために頑張って貯めていた預金は全て無くなりました。

というか、思った以上に高くて少し足りませんでした。

MacBook Pro 16インチ(M1 Max)

MacBook Pro 16インチ(M1 Max)

実は、今回の購入にあたり、凄いことがありました。

私は、当日、Appleイベントのことをすっかり忘れて寝ていたのですが、何か胸騒ぎが・・・。

ふと目が覚めたのが19日(火)の午前2時15分。

スマホYoutubeを見ると、Appleイベントが生配信されているではありませんか!

これはやばいぞ!ということで、配信終了後、すぐにAppleのサイトで注文を開始。

私は午前3時10分頃に注文が完了しましたが、時すでに遅く、第一便の10月26日(火)発送には間に合いませんでした。

それでも、11月3日(水)〜8日(月)に発送とのこと。

きっと、かなりの争奪戦だったのでしょう。

ちなみに、デイスプレイにはミニLEDも搭載されている模様。

史上最高の画質だそうです。

それにしても、新しいMacBookの到着が楽しみです。

www.apple.com